お金借りることによる債務整理について

お金借りるときに返済プランがしっかりしていないと、返済できなくなる可能性があります。また、返済プランをきちんと立てていたとしても、予想外のことが起こって返済ができなくなることもあるでしょう。では、返済ができなくなったときにはどうなるのでしょうか。まずは督促が行われます。内容証明郵便で督促が行われることが多いでしょう。そして、それでも返済をしなかった場合には、債権回収部門の人が訪問して返済を迫ることになります。
それでもお金なければ返済ができませんから、そのときには債務整理を行わなければならなくなります。債務整理には任意整理や個人再生など、いろいろなもの方法がありますが、最終的には自己破産という手段が用いられます。
どの場合であっても、債務整理をすれば、その情報はJICC 日本信用情報機構に登録されますから、しばらくは新たな借り入れはできなくなります。債務整理も一つの方法ですが、債務整理をしなくてよいように返済プランには余裕を持っておく必要があるのです。

Leave a Comment